目指せ2016年の読売犬山ハーフマラソンで79分切り!なサブスリーランナーに今日のアムフィット!~Are You Ready? 2016(94)2016年02月15日 19時20分19秒

マラソン・ランニングに挑戦するみなさんを勝手にワイワイ応援ブログ
「Are You Ready?2015-2016」


第94回目は、サブスリーランナーSINさんのご登場です。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆

学生時代には長距離選手
社会人になってふたたび走りはじめたのは7年前
初フルマラソン挑戦は2012年の福知山マラソン
この時のタイムは2時間56分サブスリー達成
現在のフルマラソン自己ベスト記録は
2014年の防府マラソンでたたき出した2時間46分
目標は福岡国際マラソンの参加資格2時間40分切り

そんなSINさんが、学生時代以来の17年ぶり
ご来店されたのは昨年(2015)春のことでした。
その時の話
夏にはトラックレース用のスパイクシューズと
スピードトレーニング用シューズをフィッティング。
その時の話

で、今シーズン(2015-2016)のSINさんは、
まずは昨年11月の福知山マラソン2時間58分
12月の防府マラソン2時間53分で激走されてます。
はっやい!

SINさん:「防府は2時間45分切りのペースで
     25kmまで突っ込めたのですが、
     そこからはペースが落ちました。
     ラストの2kmには11分46秒
     かかってしまいました(苦笑)」


それでも2時間53分ですからすごいって話です。

SINさんは、今年(2016)1月にもご来店、
勝負用マラソンシューズをフィッティングされました。
まずはその時の模様をご紹介。

ご用意したマラソンシューズはこちら↓
TMM449 SORTIE MAGIRICE



装着したオーダーメイド・インソールは
最上級インソールゼロ・アムフィットでした。
川見店主が入魂のアムフィット装着作業わず!


はい、マラシューにゼロ・アムフィット装着わず!


この2週間後、1月31日の大阪ハーフマラソンを、
SINさんは79分46秒で激走されました。

約8.5km地点に位置するオリンピアサンワーズ前を
真新しいマラシューで走り去るSINさん@大阪ハーフ2016


-----------------

SINさん、こんには。
大阪ハーフおつかれさまでした。
どんなレースでしかた?

SINさん:キロ3.8分以内のペースを維持して、
     80分切りを目指してました。
     はじめの10km36分40秒で、
     これは10kmの自己ベスト記録です」


おおお、ハーフのレースで10kmが自己ベスト!
かなりなペースで勝負されましたね!

SINさん:「それだけのペースで走れたのは
     このシューズのおかげかもしれません」

大阪ハーフを走った後のマラシューがこちら↓
アーチ(土踏まず)部分にはしっかりと
「乗り込んで」いけた痕跡が残っています。


川見店主:いい走りでしたね!
      
店の前で応援してたけど、
      力強く前に前に出ていく姿には
      気迫を感じましたよ!


SINさん:「残念ながら最後は長居公園の入り口で、
     右脚と左脚のふくらはぎが
     交互に2回ずつ連続で攣(つ)りまして。
     あー、やばいなーって感じで(苦笑)、
     ラストの1kmには4分32秒かかりました」


あー、もう聞いてるだけでイテテテです。
立ち止まらなかったのですか?

SINさん:「なんとか走りつづけましたけど、
     変なフォームになってたんでしょうね、
     沿道の人たちからは
     『大丈夫か?ケガしたのか?』
     って声が聞こえてきました」


それでも目標達成の80分切り。お見事です。
次は2月28日の読売犬山ハーフマラソンですね。

SINさん:「大阪ハーフはラストで足が攣ったので、
     気持ちは不完全燃焼です。
     犬山ハーフ79分を切りたいですね。
     今シーズンのレースはこれで終わりです」


しかし、走ることは終わらない今日のアムフィット!
春夏のトラックシーズンに向けて走りまくる
トレーニング用のシューズをフィッティングするぜ!

ご用意したシューズは色違いのライトレーサー2足
装着するオーダーメイド・インソールは
いずれもアムフィット・スタンダードタイプです。
川見店主、入魂!



1足目どん!


でん!



2足目だん!


でいーん!


さぁさぁさぁ履き心地はいかがでしょーかー!
……という問いを発する間もなくSINさんは、
2足のシューズを履いてはさっさと脱いでしまわれる。

SINさん:「これで問題ないでしょう」

さて。

一般社会人ランナーのみなさんは当然として
お仕事やら生活を抱えて走っているわけで、
日々の練習に割り当てる時間は限られてます。
そんな中でもフルマラソンを走れば必ず
サブスリーで走れるカラダを維持するには
どれほどの努力が必要かって話です。

川見店主:「とにかく長い距離を走り込むことで
      いいランニングフォームが作られる、
      という話を昔はよく聞きました。
      でもこれ、一般の人がやっちゃうと
      ケガや故障につながります。
      距離を伸ばして走る前に、
      もっとランニングフォームを鍛える
      部分的な練習を行う方が、
      効率的で効果的だと思ってるんだけど


SINさん:「その辺はもっと考えてもいいですよね」

川見店主:「例えばもっと……」

いつまでも話は尽きません。

フルマラソンで夢の2時間40分切りへ。
SINさんのマラソンロードは次のシーズンへとつづきます。
益々のご健闘をお祈りします。
犬山ハーフマラソンがんばってくださいねー!


<夢の途中。>
 Are You Ready?

★☆★☆★☆★☆★☆★☆

ランナーが登場するブログを全部読む↓


オリンピアサンワーズが考える
「42.195kmを走るためのランニングシューズ・メソッド」↓

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://sunwards.asablo.jp/blog/2016/02/15/8018990/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。