大阪城リレーマラソン記~番外編2010年05月01日 10時04分22秒

悪夢の大阪城リレーマラソンから、はやくも1ヶ月が経ちました。

レース後から2週間は、膝(ひざ)がおかしくなってしまって・・・。

痛くってイタクッて、階段の昇り降りができなかったです(泣)。

通勤で使う駅でも、エレベーターを見つけて、コソコソと乗ってました。

たまたま同乗した老夫婦から

「若いモンが、エレベーターつかいよって」

的な視線を感じつつ、

「・・・イテテ・・・」

的に足をひきずって歩いて“足が痛いんですよ”感をアピールしてみたり・・・小心者か。

思い返せばかえすほど、なめてました。

なめすぎでした。

レース参加が決まってからの、サンワーズ店主とのこんな会話を思い出します。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

川見店主:「キミ、そんなん出場して大丈夫なん?」

ワタクシ:「たった2kmっしょ?いけるっしょ!」

川見店主:「練習しときよ。駅伝はひとりで走るんじゃないんだから。他のひとに迷惑よ。」

ワタクシ:「そこで名案なんすけど。日ごろ走ってる後輩に一緒に伴走してもらおうかと。自分はシンドくなった時点でタスキをわたして、かわりに走ってもらおうと。

川見店主:「何言ってんの!そんな駅伝のルール、聞いたことないわ!

ワタクシ:「あれ?ダメ?ムリ?」

川見店主:「できるわけないでしょッ!そんな自分勝手な駅伝、ありえへんわ!」

ワタクシ:「それもそうっすね。ワッハッハ!」

川見店主:「・・・・・・・・・。」

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

ま、こんな感じでした。愚かでした。

愚かすぎでございやした。

それでも、当日は、あきらめずに走ったんですよ。

「努力をしなかった人間」が、「あきらめない心」をもって走ったらどうなるか?

とてつもなくシンドクなる

やっぱり、日々の努力が大事ですな(エッヘン)。

先日、先輩から8時間リレーマラソンのお誘いメールが届きました。

まだ、返信はしておりません。


オリンピアサンワーズのブログは2017年4月に引っ越しました。

新しいブログはこちらです。↓

http://olympia-sunwards.blogspot.jp/