池井戸潤の小説「陸王」つながりで、集英社のスポーツ総合雑誌「Sportiva(スポルティーバ)」の公式Webサイトに川見店主が登場!2016年10月01日 19時15分54秒

「倍がえしだーーーーっつ!」
「土下座しろーーーーっつ!」


つって、日本中が熱狂した「半沢直樹」。
(もう3年前か、はやいな)
その原作者である池井戸潤さんの新しい小説が7月に発刊されました。

どでーん!



なんでもこの小説「陸王」は、
業績悪化に苦しむ老舗(しにせ)の足袋(たび)メーカーが、
起死回生の事業計画としてランニングシューズの開発に挑む!
という物語だそうです。

公式サイトはこちら↓



ん?足袋メーカー?ランニングシューズ?
どこかで聞いた話ではないか。
あの伝説のシューズメーカー・ハリマヤのことではないのかーーっつ!?

ででーーん!↓
「嗚呼、ハリマヤのシューズ」
嗚呼、ハリマヤのシューズ



ってことで、今年の6月、「陸王」の出版元である集英社から
ハリマヤについて取材を受けた話はブログにも書きました。
2016/06/03 ハリマヤのシューズのことで取材を受ける

「陸王」は現代を舞台にした小説である。
この物語に登場する会社は、ハリマヤではない
(池井戸さんがどこまで調べられたのか不明)
しかし、今から100年以上も前に、
この物語そのもののような会社が存在していた。
そこで、この小説が発刊されることをきっかけに、
集英社でもハリマヤについて事実関係を調べてみようとなり、
取材がはじまったのだそうです。


6月、当店での取材の模様。
取材に来られたIさんの質問にこたえる川見店主↓



Iさんの綿密な取材によって掘り起こされたハリマヤの歴史は、
集英社のスポーツ総合雑誌
「Sportiva(スポルティーバ)」のWebサイトにて、
「消えたハリマヤシューズを探して」と題して、
今年の7月から記事となり連載されてます。





読みごたえたっぷり、見ごたえずっしり!
Iさん、取材おつかれまでした!ありがとうございました!

川見店主:
「『日本マラソンの父』金栗四三さんや、
 ハリマヤの創業者である黒坂辛作さんのお話は、
 何度読んでも胸に迫ります。
 偉大な方々の歴史があるおかげで、
 今日の日本のマラソンや、
 ランニングシューズ作りの技術があるのだと、
 あらためて思います。
 オリンピアサンワーズの創業者である
 上田のおばちゃんの話も紹介されていて、
 とてもウレシイです。でも……」




秋の夜長にぜひご一読くださいませー!


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://sunwards.asablo.jp/blog/2016/10/01/8206916/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。



オリンピアサンワーズのブログは2017年4月に引っ越しました。

新しいブログはこちらです。↓

http://olympia-sunwards.blogspot.jp/