ふたりが跳んでいる時、ふたりは一緒に跳んでいる。祝!男子三段跳び全国インターハイ出場!~京都「跳躍ツインズ」物語(その3)2016年08月01日 19時20分30秒

(つづき)

果たして、彼らはふたたび跳ぶことができるだろうか?

この2年間、双子の兄弟は病院へ通いどおしだった。
お母さんは、今となっては、いつ、誰を、何回、
病院に連れて行ったのか思い出せないくらいだ。

今年の2月に初めてふたりが店に来てくれた時、
兄は膝と足首を痛め、弟は腰を疲労骨折していた。
特に弟は重症だった。
コルセットで固めた身体が痛々しかった。
シューズの履き心地を確かめるために
その場で軽くステップを踏むだけでも
痛みが走って顔をしかめるほどだった。
まして、三段跳びや走幅跳びで踏み切る際には、
体重の十倍以上の負荷がかかるとも言われている。

「このまま競技をつづけたら、
 身体がどうなっても知りませんよ」


というドクターの警告は、おおげさでもなんでもなかった。

川見店主は、彼らのシューズを全面的に見直すと共に、
「姿勢」の改善を徹底するように彼らに求めた。
そのために必要なトレーニング器具や、
体のコンディションを整えるサプリメント等も提案した。
彼らはすべてを受け入れ、実践した。
復活を願い、目指し、一日一日の努力を怠らなかった。

こうして、3月、4月、5月が過ぎた。
「跳躍ツインズ」は高校最後のシーズンを迎えた。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆

<兄の戦い>

6月5日。京都インターハイ。男子三段跳び。
兄は予選を14m62cmの跳躍で総合2位通過。
つづく決勝、以下、兄の記録。

1回目 ○ 15m04cm(自己ベスト)
2回目 × ファウル
3回目 ○ 14m66cm
4回目 × ファウル
5回目 ○ 15m16cm(自己ベスト)
6回目 ー


この日、兄の跳躍は他の選手と次元が違っていた。
自身初の15m越えジャンプを連発、
これまでの自己ベスト14m95mを21cmも更新し、
他の追随を許さない、圧倒的な優勝を決めた。

その2週間後、6月19日、近畿インターハイ。
兄は15m12cmのロングジャンプで予選を総合1位通過、
決勝では堂々3位の結果を残し、
念願の全国インターハイへの進出を決めた。

-----------------

<弟の戦い>

6月3日、京都インターハイ。男子走幅跳び。
弟は予選を6m58cmの跳躍で総合13位通過。
つづく決勝、以下、弟の記録。

1回目 ○ 6m40cm
2回目 ○ 6m80cm
3回目 ○ 6m70cm
4回目 × ファウル
5回目 ○ 6m75cm
6回目 × ファウル


順位7位。
自己ベスト6m85cmに迫る跳躍を見せたが、
あと一歩、近畿大会までには及ばなかった。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆


先日、双子の兄弟とお父さんとお母さんがご来店。

川見店主:「お兄ちゃん、全国インターハイ進出おめでとう!
      ビックリ!すごい!さすが!
      お祝いにサンワーズTシャツあげる!」

兄:「ありがとうございます!」

川見店主:「弟くん、跳べたね!よかったね!」

弟:「近畿大会にも進めなかったので悔しいです」

川見店主:「うん、その気持ちもわかる。
      でもね、ちゃんと記録を残せたってことは、
      『競技』として成立したってこと。
      それに6m80cmも跳べたんでしょ?
      自己ベストのほぼタイ記録じゃないの。
      4月まで走れなかったんだから上出来です。
      陸上競技はそんなに甘くない!」


弟:「はい」

川見店主:「これからキミの走幅跳びがはじまるんです。
      よし、今度は7m1cmを跳べたら、
      キミにもサンワーズTシャツあげる!」


弟:「7mと1cm……ですか?」

川見店主:「そう、7mの壁を乗り越えたらってこと」

弟:「わかりました、がんばります!(笑)」

お父さん:「もう1年早くこのお店に来ていたら、
      ふたりにはもっといい思いを
      させてあげられたかもしれません」

川見店主:「でも、お父さん、
      これだけ追い込まれた状況で、
      これだけ限られた時間だったからこそ、
      彼らも、お父さんもお母さんも
      そして、私たちも、この5か月間、
      こんなに一生懸命になれたのではないですか」

お父さん:「ああ……そうかもしれませんね」

そう、この5か月間、
ふたりがどれほど真剣に自分自身に向き合い、
どれほどその若き命を燃焼させてきたか――。
その充実感は、彼らの顔にハッキリと表れている。
そんな彼らを見ていると、
うれしくて、ついつい冗談を言ってみたくなった。

ふたりはこんなにソックリなんだからさ、
弟の調子が悪い時にはこっそり入れ替わって、
代わりにお兄ちゃんが走幅跳びをやっても
バレないんじゃない?

兄:「それは無理ですよ(笑)。
   それに走り幅跳びに関しては
   僕は弟にはかなわないですから」


弟:「兄の全国インターハイが決まった時は、
   とてもうれしかったです。
   でも、時間が経つと、だんだん、
   『アイツだけいい思いをして……』
   って、ちょっと腹が立ってきました(笑)」


ふたりの言葉からは、お互いがお互いをよく理解し、
強く認め合っていることが伝わってくる。

それぞれの試合を見ている時、
ふたりはこんなことを思っているそうだ。

兄:「弟がファウルしないように、と思ってます」
弟:「同じです。兄がファウルしないように」

彼らは……とても深い部分でつながっているのだろう。
きっと、兄が跳ぶ時には弟の気持ちも、
弟が跳ぶ時には兄の気持ちも、一緒に跳んでいるのだ。

ふたりが跳んでいる時、ふたりは一緒に跳んでいる。
ならば、兄の全国インターハイは、弟の全国インターハイだ。
だから、兄KOTAくんと、弟KIMITOくんを、
一緒に、最大に祝いたい。

いよっっつ!



京都が誇る「跳躍ツインズ」の最もアツい夏は、
明日8月2日の岡山市のシティライトスタジアムに訪れる。
男子三段跳び予選は午前10時開始!
おふたりの健闘を祈ります!大いに祈ります!


★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【関連サイト】

最上級インソール・ゼロアムフィットを詳しく↓


オリンピアサンワーズの陸上競技への取り組み↓



オリンピアサンワーズのブログは2017年4月に引っ越しました。

新しいブログはこちらです。↓

http://olympia-sunwards.blogspot.jp/