ゲルリークが、サンワーズオリジナルモデルで復活!限定300足です!2010年11月10日 18時02分51秒

お待たせいたしました!
「歩く・走る」力を呼び覚ます、奇跡のシューズ
GELLIQUE(ゲルリーク)が復活です!

今回は、なんと
オリンピアサンワーズのオリジナルモデルが誕生!
限定300足のみの生産となりました!

商品名は、「GELLIQUE-FT OS」
(ゲルリーク フィンガートゥ オリンピアサンワーズ)
商品名に「OS」と、オリンピアサンワーズのイニシャルが入ってます。
粋(いき)なことしてくれますね、アシックスさんは!

このシューズのすべてを知っていただこうと
特別サイトをつくりました!こちら↓
「アシックス×オリンピアサンワーズ 限定300足」
ゲルリークと区別



サンワーズ店主にも、熱く語ってもらってます。
「そこに、シューズの未来を見た!」
シューズの未来を見た!



今回も、シューズ・インソール・ソックスの3点セットでの販売です。
これで、3点ともサンワーズのオリジナル商品になっちゃいました。
「オリンピアサンワーズだけの、スペシャル3点セット」↓
サンワーズ3点セット


「もう、こんなの、あり得ないんですからね!」
とアシックス担当者も唸(うな)る、奇跡の300足!

数に限りがございますので、お買い求めはおはやめに!

「正しく立つ・歩く」ということ(その5)2009年07月27日 10時33分42秒

アリソン・フェリックス選手

ここのところ偶然、遼くんからタイガー・ウッズ、草刈民代さんから為末選手と、世界を舞台に活躍するアスリート・アーティストの方々から「正しく立つ・歩く」ということが語られる機会が続きました。

一流の人たちが、「立つ・歩く」という一見“地味”なことを発言されるのは、やはりそこが最も大事なことで、「それができんかったら、次もない」という、すべての基盤になることだからだと思います。

制限された番組の時間の中で、このような話がちゃんと紹介されるのも、きっとみなさんの「立つ・歩く」ことに関する発言が熱心で、

「あぁ、この話はポイントなんだな。大事なんだな」

と、番組の制作者にも伝わるものがあったのでしょうね。

「正しく立つ・歩く」という視点から見ると、いろんなスポーツの深さや、トップアスリートの凄味が垣間見られるような気がします。

最後に、「正しく立つ・歩く」に関する当店のサイトをご紹介しておきましょう。

「高野進から末続慎吾へ~ファイナリストへの道」↓

http://www.ne.jp/asahi/olympia/sunwards/mzfile/7-0tf.htm

「足に合ったクツって、どんなクツ?」↓

http://www.ne.jp/asahi/olympia/sunwards/2008-main/11-01-asitokustu1.htm

「2代目店主インタビュー:正しく立つ・歩くということ」↓

http://www.ne.jp/asahi/olympia/sunwards/2008-main/10-01-owner5.htm

サムライ・ハードラーが伝授する「歩き方」~「正しく立つ・歩く」ということ(その4)2009年07月24日 14時16分45秒

為末選手

7月21日のフジテレビのスポーツニュース「すぽると!」ご覧になりました?

毎週火曜日は、水野裕子さんが毎回色んなスポーツに挑戦する「FEATURING SPORTS」というコーナーがあります。

今回は、“サムライ・ハードラー”為末大選手が、ハードリングを教えていました。

ハードル初めての水野さんに、為末選手が何を教えはじめたかというと・・・これまた「歩き方」なんですよねぇ!

まず、正しい姿勢で「歩かせる」。

「正しい姿勢で『歩く』ことが、速く『走る』ことへつながっていく」

「あくまでも『歩く』という動作の延長線上に『走る』という動作がある」

と為末選手。

その後も、実際の走りの中でハードリングの指導を行う為末選手。

「カラダの軸が“ブレない”ように」

「ハードルの選手は高く跳んでるつもりだが、スピードに乗るので、高く跳べない」

等々、わかりやすい言葉を選びながら、ハードルの奥深さを“さらっと”のぞかせてくれる。

その甲斐あってか、水野さんもどんどん上手くなって、最後の50mハードル走は、なかなか見事なハードリング。

見ているこちらも、色々と目からウロコが落ちるようでした。

草刈民代さんの「美しさ」~「正しく立つ・歩く」ということ(その3)2009年07月22日 11時02分40秒

草刈民代さん

先週の土曜日の夜。仕事を終え、サタデー・ナイトをフィーバー(古!)している私の携帯に、サンワーズ店主から一通のメールが。

「やばい!俺、何かミスしたっけ?」

と思いつつ受信メールを確かめてみると・・・

「NHK見てる?草刈民代さんが、『まっすぐ立つ』ってやってる!」

という内容。

NHKの「ワンダー×ワンダー」という番組で、バレリーナの草刈民代さんの特集をしていたそうです。

草刈民代さん。映画「Shall We Dance?」でご存知ですよね。

さたでー・ないとをふぃーばーしていた(もうええ)私は番組を見れませんでしたが、サンワーズ店主のメールを見て、ピーンとくるものがありました。

実は、本体HPの「2代目店主インタビュー~その5:正しく『立つ・歩く』ということ」の中で語られる、

「ある有名なバレエダンサーが『まず正しく立つことができないと自分の体を操(あやつ)ることはできない』と言っていました。」

このバレエダンサーの言葉というのは、草刈民代さんの言葉なのです。数年前に何かの番組で草刈さんがおっしゃってたのを見て、

「やっぱり、すべては『正しく立つ』からははじまるんだ!」

と感動して強く心に残っていたのです。

日本を代表するバレリーナとして、国内外で活躍し続けた草刈さんも、今年の4月で引退されました。

ボロボロになるまで酷使された身体。そんな彼女の身体を支え、守っていたものは、「正しく立つ」姿勢そのものだったのではないかと思います。

「2代目店主インタビュー~その5:正しく『立つ・歩く』ということ」↓

http://www.ne.jp/asahi/olympia/sunwards/2008-main/10-01-owner5.htm

NHK「ワンダー×ワンダー」HP『シャル・ウィ・“ラスト”ダンス?』↓

http://www.nhk.or.jp/wonder/program/11/index.html

草刈民代 公式ウェブサイト↓

http://www.suoz.com/index.html

遼くんが学んだこと~「正しく立つ・歩く」ということ(その2)2009年07月20日 13時25分59秒

7月18日付のブログに「遼くんは、ウッズの何を見ているのか?」と題した書き込みをしました。

翌日の19日に、遼くんが帰国しての会見の記事で、これまた興味深いものを見つけました。

あこがれのウッズとのラウンドは、何よりの財産になった。

「タイガーとラウンドできたんだ、という不思議な気持ちは今も残っている」

と振り返った。 特に印象に残っているのはウッズの姿勢の良さや歩き方といい

「地面に対し垂直になって、足だけ動いている。自分も歩き方には気を付けているが、きれいな歩き方を見習いたい」

と口にした。

ウッズも予選落ちに終わったが

「ボクが見る目に影響はしない。すべてのショットが世界一」

と言い切る。

「ショットのときのアドレスの角度は、腰から頭まで一直線を保ったまま。入念に風をチェックし、ゆっくり考えて、その後はスムーズに打っている。構えや打つまでのリズムが変わらない」

と、脳裏に刻み込んだ。

(元ネタは、スポーツナビ)

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/golf/headlines/20090720-00000006-dal-golf.html