高校生スプリンター・ツインズのスパイクシューズに今日のアムフィット!2014年08月06日 19時42分57秒

SくんとGくんは、双子(ふたご)である。
この世に出てきたのは、ほぼ同時であるが、
Sくんが「」で、Gくんが「」である。

-----------------

ふたりのお父さんは、高校時代には陸上競技をやっていた。
高校生だったお父さんは、
当時、よくオリンピアサンワーズへ来ていたそうだ。
お父さんの家も、店のすぐ近所にあった。
まだ店主が創業者・上田のおばちゃんの時代の話だ。


上田のおばちゃん(1924-1986)↓


上田のおばちゃんが亡くなって、
川見店主が店を継いだ頃には、
大学生になっていたお父さんが、
アルバイトをしてくれたこともあるらしい。
そんな風にお父さんは、
昔から何かとオリンピアサンワーズに縁があった。

川見店主は、双子のふたりのことを
彼らが生まれたときから知っている。
お父さんから届く毎年の年賀状には、
この世に生を受け、
スクスクと育ちゆくふたりの姿がいつもあったからだ。

ふたりは、中学校から陸上競技をはじめた。
お母さんのお腹の中にいたときから
いつでもどこでも一緒にいたふたりだが、
今年からは別々の高校に通っている。
そして、ふたりとも、やはり、陸上競技をやっている。

-----------------

つーわけで、
高校1年生スプリンター・ツインズに今日のアムフィット!

兄のSくんは、中学生のときには、
4種400m、110mH(ハードル)、砲丸投げ、走高跳
をこなすマルチプレーヤーぶりであった。
で、高校生になって、この前、
地区予選で男子400mHに出場したら、
学年別で1番だったそうです。すごいじゃないかい!

4パー(業界?では400mHのことを"よんぱー"って呼びます)って、
ケツの割れる400mを、
しかもハードルをとび越えとび越え走るんだから、
めちゃめちゃムズカシンドイんじゃないの、Sくん。

Sくん:「いや、ハードルをとび越えながら走る方が、
      ただただ400mを走るよりも楽なんですよ


あー、ハードルあった方が走れるタイプなんだ。
4パーの選手って、こうおっしゃる方が多いです。
不思議ですよね~。

そんな兄貴にご用意したのはこちらの1足↓
オールウェザー用短距離スパイクシューズ
TTP502 SP BLADE SK



装着するオーダーメイドインソールは、
最上級インソールゼロ・アムフィットだぜ!
最速スパイクシューズにチューンアップせよ!
川見店主が入魂のアムフィット装着作業へGO!


どおおりゃああい!
SP BLADE にゼロ・アムフィット装着完了だぜ!


こっちからもゼロ・アムフィットどうじゃーーい!



つづいては、やはり短距離投擲種目もやる弟Gくんの1足。
ご用意したのは、練習用の短距離スパイクシューズ↓
TTP505 HEATSPRINT



装着するオーダーメイドインソールは、
もちろん最上級インソールゼロ・アムフィットだぜ!
燃える赤!燃える店主!メラメラメラ~!


いよっしゃーーーい!
ヒートスプリントにゼロ・アムフィット装着完了!


こっちからもゼロ・アムフィットどうじゃーーい!



夏休みまっただ中。
ふたりは真新しいシューズをもって、
それぞれが選んだ高校の合宿へと、それぞれにのぞみます。
そう、ふたりはもはや、別々の道を歩みはじめたのである。

が、今度、高校どうしで行う合同合宿では、
結局一緒に練習することになるらしいです。

Sくん:「なんか、やりにくいんですよね(苦笑)」

んー、わかる気がする。

まぁどうあれ、天王寺区のツインズよ!
部活に勉強にと充実の夏休みを送ってくだされぇい!


★☆★☆★☆★☆★☆

【関連サイト】

最上級インソール・ゼロアムフィットを詳しく↓


オリンピアサンワーズの陸上競技への取り組み↓



オリンピアサンワーズのブログは2017年4月に引っ越しました。

新しいブログはこちらです。↓

http://olympia-sunwards.blogspot.jp/